もう失敗しない!結婚相談所を本気リサーチした結果はこちら

【決着】Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを5項目で比較!どっちを選ぶ?

【PR】当ページのリンクには広告を含む場合があります。※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR
【決着】Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを5項目で比較!どっちを選ぶ?
ちえ

マッチングアプリを使ってみたけど思ったのと違う…過去の経験から、Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを5項目で比較するよ。

この記事では、「Pairs(ペアーズ)」と「ブライダルネット」をマッチングアプリ経験者の30代OLが徹底比較しました。

マッチングアプリの公式サイトは、自社の内容しか詳細に書いておらず、他社と比較しないで入会すると後悔します。

Pairsとブライダルネットは人気のマッチングアプリですが、違いを知らないと失敗する可能性が高いです。

2つのマッチングアプリの比較
  • Pairs(ペアーズ)費用を抑えたい人、サポートなしで自主的に恋活したいあなたにおすすめ
  • ブライダルネット専任カウンセラー(婚シェル)のサポートを受けながら婚活したいあなたにおすすめ

Pairs(ペアーズ)もコンシェルジュに相談できますが「オプション」扱いになるため、追加料金が発生します。

これらの点を踏まえた上で、両者のサービスを比較していきます。

マッチングアプリへの入会を少しでも検討している方はぜひ最後までお読みください。

※最新の料金やコースは必ず公式サイトをご確認ください。変更の可能性があります。

目次

Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを料金で比較

アプリ名月会費プラン(1ヶ月)年会費プラン(12ヶ月)
女性:基本機能は無料
(※オプション機能やアイテムは有料)
男性:月3,700円〜
女性:基本機能は無料
(※オプション機能やアイテムは有料)
男性:年19,800円〜(月1,650円〜)
ブライダルネット男女同料金:月3,980円男女同料金:年24,000円(月2,000円)

結論から言うと、料金の安さなら、Pairs(ペアーズ)です。

では、Pairs(ペアーズ)とブライダルネットの料金を、具体的に比較します。

Pairs(ペアーズ)の料金:女性は無料!男性は有料!

Pairsは、メッセージのやり取りをする場合、女性は無料、男性は月3,700円〜です。

Pairs(ペアーズ)の料金
  • 女性は、基本機能が無料(オプション機能やアイテムは有料)
  • 男性は、相手とのメッセージから月3,700円〜

「まずは無料で試したい」という女性は、Pairsがおすすめです。

なお、Pairsの場合、男性は、3ヶ月ごとや6ヶ月ごとのプランも契約できます。

料金は、3ヶ月単位なら9,900円(月3,300円)、6ヶ月単位なら13,800円(月2,300円)です。

ちえ

12ヶ月のプランを契約するのはハードルが高いという人は、3ヶ月や6ヶ月のプランを検討してみるのもあり!

ブライダルネットの料金は、男女ともに有料!

ブライダルネットの料金は男女ともに、月3,980円です。

Pairs(ペアーズ)よりは高くなりますが、マッチングアプリ全体でみれば標準的と言えます。

後述するサポートを含めて考えると、ブライダルネットの料金は高く感じないという人もいると思います。

ブライダルネットの料金

男女ともに、月3,980円

とはいえ、料金だけで考えるなら、Pairs(ペアーズ)を優先しましょう。

ただ、Pairs(ペアーズ)はサポートがオプションなので、基本的には自分で相手を探していかないといけません。

料金が安いのは、Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)ブライダルネットをユーザー数で比較

アプリ名ユーザー数男女比
Pairs(ペアーズ)2,000万人男性60%>女性40%
ブライダルネット30万人男性45%<女性55%

ユーザー数の多さなら、Pairs(ペアーズ)です。

Pairs(ペアーズ)のユーザー数は、累計2,000万人を誇っています。

これは、恋活・婚活マッチングアプリの中で国内最大規模です。

Pairsのユーザー数

Pairs(ペアーズ)の男女比は、男性60 %、女性40%と、男性のほうが女性より多い傾向にあります。

Pairs(ペアーズ)のユーザー数
  • Pairs(ペアーズ)のユーザー数は、累計2,000万人!国内最大規模のマッチングアプリ
  • Pairs(ペアーズ)の男女比は、男性のほうが多い

ブライダルネットのユーザー数

一方、女性が多い環境を求めるなら、ブライダルネットがおすすめです。

実際、公式サイトによると、ブライダルネットの男女比は、男性45%、女性55%です。

それだけユーザーの真剣度が高いサービスであり、特に、女性に支持されていると言えるでしょう。

ブライダルネットのユーザー数
  • ブライダルネットのユーザー数は、累計30万人超え
  • ブライダルネットの男女比は、女性のほうが多い

ブライダルネットのユーザー数も、2023年の時点で累計30万人超えています。

とはいえ、ユーザー数だけで考えるなら、Pairs(ペアーズ)が圧倒的に多いです。

ユーザー数の多さなら、Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを利用するメリットで比較

Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを利用するメリットをまとめました。

Pairs(ペアーズ)を利用するメリット

Pairs(ペアーズ)を利用する2つのメリット
  • ユーザー数が多く、地方に住んでいる人も出会いやすい
  • 約2万個のマイタグ(コミュニティ)機能で自分に合った人を自分で見つけられる

順番に解説していきます。

ユーザー数が多く、地方に住んでいる人も出会いやすい

Pairs(ペアーズ)は、マッチングアプリの中で国内最多のユーザー数です。

全国にユーザー数がいるだけでなく、月間利用者数も多いと考えられます。

そのため、都会だけでなく、地方に住んでいる人も出会いのチャンスを見つけやすいと言えるでしょう。

約2万個のマイタグ(コミュニティ)機能で自分に合った人を自分で見つけられる

Pairs(ペアーズ)には、マイタグがおよそ2万個も用意されています。

これにより、同じ趣味や価値観をもった人を検索できるため、自分に合う人が見つけやすいです。

ちえ

「旅行好き、かつ、東京都に住んでいる人」など、細かく検索できるのは、ペアーズならではだね!

マイタグなどの検索機能を使いこなせば、マイナーな趣味やユニークな価値観を持つ人も、自分に合う人を見つけやすいでしょう。

ブライダルネットを利用するメリット

ブライダルネットを利用するメリット
ブライダルネットを利用する3つのメリット
  • 専任カウンセラー(婚シェル)の手厚いサポートが受けられる
  • 検索、紹介、パーティーという、3つの出会いのスタイルがある
  • 日記機能で自分をアピールできる/相手を深く知れる

順番に解説していきます。

専任カウンセラー(婚シェル)の手厚いサポートが受けられる

ブライダルネットでは、専任のカウンセラー(婚シェル)が、入会からマッチング後までサポートしてくれます。

  • プロフィールの書き方や写真の選び方
  • 距離が近づくようにメッセージのやり取りをする方法
  • デートの誘い方やデートプラン

など、一人ひとりの進み具合や困り感に寄り添ったサポートが充実しています。

検索、紹介、パーティーという、3つの出会いのスタイルがある

ブライダルネットでは、「検索」「紹介」「パーティー」という3つの出会いのスタイルがあります。

出会いのスタイル特徴
検索日記機能やコミュニティ機能を通して相性の良い人を見つけられる
紹介「自分のことを気になっている相手」「価値観」「条件」など、毎月、最大42名の紹介を受けられる
パーティーIBJ(アイビージェー)グループが主催するパーティーに特別価格で参加して、相性の良い人を見つけられる

これは、結婚相談所などのサービスを手掛けるIBJ(アイビージェー)グループだからこそ、なし得るサービスでしょう。

日記機能で自分をアピールできる/相手を深く知れる

ブライダルネットには、日記機能があります。

日記機能を活用するメリットは以下の2つです。

  • 日記を通して、自分をアピールできる
  • 日記を通して、相手を深く知れる

日記に「いいね!」を押すと、相手への興味を伝えられます。

日記は、ユーザー間で、趣味や価値観を共有する役割があり、「検索」を通した出会いをサポートしてくれます。

ちえ

日記へのリアクションをきっかけに、やり取りが始まるケースも珍しくないよ。

ブライダルネットの公式から、定期的にテーマが与えられます。

そのため、日記に「何を書いたら良いかわからない」という人も、書くテーマに困りません。

以上のように、ブライダルネットには、出会いをサポートする工夫が詰まっています。

「サポートを必要と感じるか」が重要

Pairsとブライダルネットのメリットを比較する場合は「サポートを必要と感じるか」が重要です。

Pairsはカウンセラー(コンシェルジュ)のサポートを受けたい場合、追加料金がかかります。

サポートを利用する場合、Pairsの料金がブライダルネットよりも高くなります。

アプリ名サポートサービスの名称サービス内容追加料金
PairsPairs(ペアーズ)コンシェルジュ月1回25分のビデオ面談
いつでもメッセージ相談可能
月7,000円
ブライダルネット婚シェルサポートいつでもメッセージ相談可能追加料金なし

そのため、自分で積極的に活動したい方や、サポートが必要ない方には、Pairsがおすすめです。

しかし、マッチングアプリを始めると悩みは尽きないので、サポートを受けたくなる可能性があります。

過去にマッチングアプリを利用した際に「人に相談したくなった」という方は、ブライダルネットがおすすめです。

ちえ

サポートはなんだかんだで必要かもしれない。


実際、私もデートを約束する時や婚活の進み方で、迷ってしまうケースがありました。

マッチングアプリは思っている以上にうまくいかないので、相談できる環境があるのは本当におすすめです。

自分で積極的に活動したいならPairs(ペアーズ)、サポートを受けつつ活動したいならブライダルネット

Pairs(ペアーズ)とブライダルネットを年齢層で比較

年齢層の若さなら、Pairsです。

Pairsは20代の方が多く、ブライダルネットは30代以上の方が多いようです。

公式サイトで公開されている、ブライダルネットの年齢割合は以下のとおりです。

引用:ブライダルネットの公式ホームページ

上記のデータから、ブライダルネットは、30代以上がメインと言えるでしょう。

2つのマッチングアプリの年齢層
  • Pairsは、20代が多い
  • ブライダルネットは、30代以上が多い

年齢層の若さなら、Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)とブライダルネットをユーザーの目的で比較

目的が、恋活ならPairs(ペアーズ)、婚活ならブライダルネットがおすすめです。

恋活ならPairs(ペアーズ)

恋活が目的なら、Pairs(ペアーズ)がおすすめです。

Pairs(ペアーズ)のメインの年齢層が20代なのが、その理由です。

  • 結婚を急いではいないけれど、恋人がほしい
  • 良い人がいたら結婚したい

という人は、Pairs(ペアーズ)のほうが気軽に始められるでしょう。

婚活ならブライダルネット

婚活が目的なら、ブライダルネットがおすすめです。

たしかに、Pairs(ペアーズ)で婚活をしている人もいます。

しかし、婚活が目的なら、ブライダルネットを優先しましょう。

引用:ブライダルネットの公式ホームページ

なぜなら、ブライダルネットのユーザーのうち、85%の人が1年以内の結婚を希望しているからです。

30代がメインであるブライダルネットは、結婚を意識しているユーザーが多いと言えそうです。

目的が、恋活ならPairs(ペアーズ)、婚活ならブライダルネット

「Pairs(ペアーズ)」がおすすめの人

「Pairs(ペアーズ)」がおすすめの人
  • 費用を抑えたい人
  • とにかく色んな異性と出会いたい人
  • 地方に住んでいる人
  • 検索で相手を吟味したい人
  • 結婚の時期をそこまで決めていない人、まずは恋人がほしい人

「ブライダルネット」がおすすめの人

「ブライダルネット」がおすすめの人
  • サポートを受けながら婚活したい人
  • 結婚を見据えた異性と出会いたい人
  • 都会に住んでいる人
  • 検索以外の方法でも出会いたいという人
  • すぐに結婚したい人

恋活ならPairs、婚活ならブライダルネットがおすすめ

20代で恋愛を楽しみたい方は、Pairsがおすすめです。

一方、20代後半から30代で、早めの結婚を考えている方はブライダルネットがおすすめです。

2つのマッチングアプリの比較
  • Pairs(ペアーズ)費用を抑えたい人、サポートなしで自主的に恋活したいあなたにおすすめ
  • ブライダルネット専任カウンセラー(婚シェル)のサポートを受けながら婚活したいあなたにおすすめ

マッチングアプリはスピードが大事で、出会いを求めるなら少しでも早く行動すると素敵な出会いが待っているかもしれません。

気になったアプリに登録して、理想のお相手を1日でも早く手に入れましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
おすすめ!結婚相談所の一括比較サイト

結婚相談所を検討しているものの、どれを選べばいいか迷っていませんか?

そんな時は複数の結婚相談所を一括で比較できる「」がおすすめです。

結婚相談所比較ネット

資料請求だけでなく、キャンペーンも積極的に実施しています。

ネットには出ていない情報が資料では見られるので、
婚活を本格化したい方は、資料請求で一歩を踏み出しましょう。

結婚相談所おすすめ3選

ゼクシィ縁結びエージェント【料金安く、知名度抜群】

項目特徴・概要
販売会社名株式会社リクルート
初期費用
(入会金+登録料)
各プラン3万3,000円
月会費シングルプラン:9,900円
スタンダードプラン:1万7,600円
プレミアプラン:2万5,300円

※ 3ヶ月活動後、プラン変更可能
お見合い料無料
成婚料無料
年間費用の概算
※ 1ヶ月お見合い2人
シングルプラン:15万1,800円
スタンダードプラン:24万4,200円
プレミアプラン:33万6,600円
必要な書類一覧ご本人確認書類(免許証/パスポート※1など、氏名・住所・生年月日を確認できる公的証明書)
独身証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)
収入証明書
学歴証明書
資格証明書
店舗札幌店、仙台店
銀座店、新宿店、池袋東口店、立川店
横浜店
大宮ソニックシティ店
千葉店、船橋ららぽーと店
高崎イオンモール店
水戸エクセルみなみ店、オンライン栃木店
静岡店、浜松店、名古屋駅店、栄店、オンライン岐阜店
梅田店、なんば店、京都駅前イオンモール店、京都三条鴨川店、神戸店
岡山クレド店、広島店
博多店、天神店
特徴コネクトシップ加盟で、3万人以上から選べる
大手の店舗型では、料金が抑えられる
リクルートが運営している信頼感
会社ホームページ公式サイトはこちら

ゼクシィ縁結びエージェントは料金が安く、知名度抜群の結婚相談所です。

全国的に店舗を展開しており、カウンセリングの選択肢になります。

有名どころを探している方は、一度入会を検討してみてください。

東京フォリパートナー【サポート体制抜群】

項目特徴・概要
販売会社名株式会社フォリパートナー
初期費用
(入会金+登録料)
ライトコース:11万円
スタンダードコース:15万円
スーペリアコース:25万円
メンズコース:18万円
月会費ライトコース:1万6,500円
スタンダードコース:1万8,700円
スーペリアコース:2万2,000円
メンズコース:2万2,000円
お見合い料0円

成婚料ライトコース:25万円
スタンダードコース:26万円
スーペリアコース:30万円
メンズコース:28万円
年間費用の概算
※ 1ヶ月お見合い2人
ライトコース:55万8,000円
スタンダードコース:63万4,400円
スーペリアコース:81万4,000円
必要な書類一覧①写真付き身分証明書(健康保険証、運転免許証など)
②住民票(3ヶ月以内の原本)
③独身証明書(3ヶ月以内の原本)
④収入証明書(直近の年収が確認できるもの)
⑤最終学歴証明書(卒業証書コピーまたは卒業証明書原本)
⑥職業証明…資格や免許を有する職業の場合、その証明
※コピー可
店舗代々木サロン(本店)
神田・秋葉原サロン
日本橋・茅場町サロン
青山サロン
横浜サロン

ZOOM相談対応可能
特徴東京都内を中心に店舗あり
IBJ加盟店
初回カウンセリングから担当者が変わらない
会社ホームページ

東京フォリパートナーは、サポート体制の手厚さが魅力です。

入会前のカウンセリングから担当者が変わらないので、入会前に自分にどんな担当者がつくか確かめられます。

関東圏にお住まいの方は注目の結婚相談所です。

パートナーエージェント

項目特徴・概要
販売会社名タメニー株式会社
Tameny Inc.
初期費用
(入会金+登録料)
コンシェルジュ・ライトコース:3万3,000円
コンシェルジュコース:10万4,500円
エグゼクティブコース:関東30万8,000円、東海・近畿19万8,000円
月会費コンシェルジュ・ライトコース:1万5,400円
コンシェルジュコース:1万9,800円
エグゼクティブコース:関東3万8,500円、東海・近畿2万9,700円
お見合い料無料
成婚料コンシェルジュ・ライトコース:5万5,000円
コンシェルジュコース:5万5,000円
エグゼクティブコース:5万5,000円
年間費用の概算コンシェルジュ・ライトコース:27万2,800円
コンシェルジュコース:39万7,100円
エグゼクティブコース:関東82万5,000円、関西61万600円
店舗札幌店、仙台店、新宿店、西新宿店、銀座店、池袋店、上野店、丸の内店、横浜店、大宮店、船橋店、名古屋店、大阪店、京都店、神戸店、高崎店、静岡店、福岡店
特徴婚活を一時休会したい場合の休会制度あり
専任の成婚コンシェルジュがサポート
全国展開している
会社ホームページhttps://tameny.jp/company/about/
購入先公式サイトはこちら

パートナーエージェントは、全国的に展開している休会制度ありの結婚相談所です。

コースによって料金に差があります。

公式サイトを見て、他の結婚相談所よりも良いと感じた方は、カウンセリングを検討してみてください。

知っておきたいおすすめ婚活
婚活特徴

ゼクシィ縁結びエージェントロゴ画像
料金が安めで、知名度のある結婚相談所
無料カウンセリング対応

結婚相談所比較ネット
複数の結婚相談所の資料請求ができる
婚活で迷っている人におすすめ
ブライダルネット
ブライダルネットロゴ画像横長
身分証明の書類提出が必要な婚活サイト
相手に信頼性がある
目次